【Photo】 田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス 「計量」 WBO世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

24日(土)に名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで開催される、WBO世界フライ級タイトルマッチの前日計量がCBCテレビで行われた。チャンピオン田中恒成(畑中)選手=13戦全勝(7KO)=の2度目の防衛戦は、指名挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)=22勝(13KO)2敗1分1NC=が相手。

 

 

田中選手と、ゴンサレスは共にリミットの50.8キロで計量をクリア。

 

 

元WBC世界スーパーバンタム級王者の畑中清詞・畑中ジム会長の長男で、WBCユースフライ級王者畑中建人(畑中)=9戦全勝全KO=選手は、51・2キロ契約10回戦でWBC世界ライトフライ級11位ジェイセバー・アブシード(比)=19勝(12KO)8敗=と対戦。

 

 

畑中選手は51.1キロでクリア。アプシードは49.9キロでパス。

 

 

上写真中央はフランシスコ・バルカッセルWBO会長。WBO世界フライ級タイトルマッチは、CBC(TBS系全国ネット)により、24日、16時00分~16時57分で生中継。また、プエルトリコ・WAPA TV、ラテンアメリカ(メキシコ以南)・ESPN、RING TV、Asianboxingにより海外無料ライブ配信される。