【Photo】 ジェシー・マグダレノvsラファエル・リベラ USNBCフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

USNBC(WBC米国)フェザー級タイトルマッチ。WBO4位、WBC6位・王者ジェシー・マグダレノ(米)vs挑戦者・元WBC中米フェザー級王者ラファエル・リベラ(メキシコ)。8月17日(日本時間18日)、米・ロサンゼルス、バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム。元WBO世界スーパーバンタム級王者のマグダレノは、26勝(18KO)1敗。

 

 

レオ・サンタクルス(メキシコ)の持つWBAスーパー王座へ挑戦し、12回判定負けの記録が残るリベラは、27勝(18KO)3敗2分1NC。

 

 

試合開始。

 

 

リングサイドでタイソン・フューリー(英)が観戦。

 

 

サウスポーのマグダレノは足を使い、出入りのボクシングで次第にリベラをコントロール。

 

 

接近戦を挑むリベラだが、マグダレノは自分の距離をキープ。

 

 

第9ラウンド。攻め込むリベラにマグダレノの左フックがヒットし、リベラはダウン。

 

 

再開後、ロープ際の攻防戦でリベラの右肘がマグダレノの右瞼に当たり、マグダレノは激しい出血。ドクターチェックが入り、試合は停止された。

 

 

試合は9回2分55秒、負傷判定となりマグダレノの手が挙がった。

 

 

公式スコアは89-81、89-81、88-82。

 

 

アイザック・ドグボエ(ガーナ)にスーパーバンタム級王座を追われてから、再起2連勝となったマグダレノは、フェザー級で2階級制覇のチャンスを待つ。強豪ひしめく世界フェザー級。今後の マッチメイクに注目。