【Photo】 ナバレッテvsバカ WBO世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)vs同級10位フランシスコ・デ・バカ(メキシコ)。8月17日(日本時間18日)、米・ロサンゼルス、バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム。アイザック・ドグボエ(ガーナ)に連勝。勢いに乗る24歳の王者は、27勝(23KO)1敗。

 

 

王者と同じ24歳の挑戦者は、20戦全勝(6KO)。

 

 

試合開始。

 

 

ジリジリと前に出るナバレッテが、次第にペースを握って行く。

 

 

第2ラウンド。王者得意のアッパーを交えたコンビネーションが挑戦者を襲い、右アッパーでバカはダウン。

 

 

第3ラウンド。

 

 

ナバレッテの猛攻の前にバカはロープを背に苦しい戦い。

 

 

決定打こそないものの王者の手数は止まらない。

 

 

防戦一方となったバカを見たラウル・カイズSr(米)主審は、試合をストップ。

 

 

KOタイム3回1分54秒。

 

 

圧勝でV2に成功したナバレッテは、ボブ・アラム(右)とフェルナンド・ベルトランの祝福を受ける。アラムはナバレッテの次戦は、9月14日(日本時間15日)に米・ラスベガスで開催されるフューリーvsヴァリン興行になることを明言。今後は米国内で知名度を高めていくことになる。そして、ファン、関係者の間からは早くも井上尚弥(大橋)選手との対戦が期待されている。