ジャン・パスカル 「カネロ戦・準備OK!」 WBA世界ライトヘビー級暫定王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8月3日(日本時間4日)に、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催された、WBA世界ライトヘビー級暫定タイトルマッチで、暫定王者マーカス・ブラウン(米)に8回負傷判定勝ちし、約8年ぶりに世界王座復帰を果たしたジャン・パスカル(カナダ)は、対戦相手が決まらない世界一稼ぐボクサー、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に対し、「ライトヘビー級でのテストマッチを行うなら、準備は出来ている」と宣言。ブラウンは再戦を望んでいるが、試合停止の原因となった左眉の負傷は完治まで時間を要する見込みで、カネロがこの提案に乗る可能性も無きにしも非ず?。