カール・フランプトン 「左手2箇所骨折!」 試合キャンセル | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)が、8月10日(日本時間11日)に米・ペンシルベニア州 フィラデルフィアのトップランク興行のメインで予定されていた、エマニュエル・ドミンゲス(メキシコ)との試合をキャンセル。これはフランプトンが滞在中のホテルで、左手を2箇所骨折するアクシデントに見舞われた為で、同日の興行はジェイソン・ソーサ(米)vsハスケル・ライデル・ローデス(米)の、スーパーフェザー級10回戦をメインとして開催される。