9/7 リッキー・バーンズvsリー・セルビー 「元世界王者対決」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

元3階級制覇王者リッキー・バーンズ(英)が、前IBF世界フェザー級王者でIBF世界ライトl級6位のリー・セルビー(英)とグローブを交える。試合は9月7日(日本時間8日)に英・グラスゴーのSSEハイドロで開催。バーンズはエディ・ハーンにより、ホルヘ・リナレス(帝拳)選手との対戦を企画されていた。また、セルビーは、エイドリアン・ブローナー(米)、ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ)との対戦計画があった。