10/26 カネロvsデレイビャンチェンコ 「IBF世界ミドル級指名戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBFが指令し、再三入札が延期されていたミドル級王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)と、同級1位1位セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)の指名戦は、10月26日(日本時間27日)に米・ラスベガスのTモバイル・アリーナ開催で合意に向かっている。DAZN上層部もこの戦いを承認。正式発表が待たれます。