村田諒太にリベンジ! 「ブラント再戦契約実行迫る!」 WBA世界ミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7月12日に大阪のリングで、村田諒太(帝拳)選手に2ラウンドTKO負けを喫し、WBA世界ミドル級正規王座を奪い返された、前王者ロブ・ブラント(米)の主導プロモーター、グレッグ・コーエンは、契約に則る即時再戦条項を行使することを正式に明らかにした。WBAが村田選手と、スーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)による王座統一戦を指令すれば面白いが、カネロに対して縛るような行為をするとは思えず、スーパーフェザー級のマチャドvsカンシオのように、KO決着後の即時再戦もすんなり承認?。トップランクの対応に注目。