【Photo】 アンドラーデvsスレツキ 「 WBO世界ミドル級戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者デメトリアス・アンドラーデ(米)vs同級2位マチエ・スレツキ(ポーランド)。6月29日(日本時間30日)、米・ロードアイランド州プロビデンス、ダンキン・ドーナツ・センター。地元での凱旋防衛戦。王者はいつになく積極的なスタートで、挑戦者に迫った。

 

 

初回。アンドラーデは左を叩きつけ先制のダウンを奪う。

 

 

以後も、アンドラーデはいつもと違うスタイルでスレツキを攻めた。

 

 

中盤以降、アンドラーデはいつものスタイルに。

 

 

地元の大声援ほどには盛り上がらないまま試合は終了。大差でアンドラーデの手が挙がった。

 

 

WBO立会人はジョン・ダガン(米)。

 

 

ジャッジ三者は揃って、120-107とスコア。

 

 

完勝で2度目の防衛に成功したアンドラーデは、28戦全勝(17KO)。サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を強く希望。エディ・ハーンは、年内にゴロフキンとの戦いを用意する意向をほのめかしている。今後に注目。