アンドラーデvsスレツキ 「結果」 WBO世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

29日(日本時間30日)、米・ロードアイランド州プロビデンスのダンキン・ドーナツ・センターで開催されたDAZN興行のメイン。WBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)に、同級2位マチエ・スレツキ(ポーランド)が挑んだタイトルマッチは、アンドラーデが判定勝ち。スコアは120-107×3。地元凱旋防衛戦。いつになく積極的スタートを切った王者は、初回、左を叩きつけ先生のダウンを奪う。以後も派手なパンチで、地元ファンを喜ばせたが、ラウンドが進むにつれ尻すぼみ。攻め口を見つけられない挑戦者を、崩す糸口を見つけられまま12回を終了した。