リチャード・コミーvsレイ・ベルトラン「結果!」 IBF世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

28日(日本時間29日)、米・カリフォルニア州テメキュラのペチャンガ・リゾート&カジノで開催された、IBF世界ライト級タイトルマッチ。王者リチャード・コミー(ガーナ)と、オーバーウェイトで計量失格。勝っても王座を奪えない元WBO王者レイ・ベルトラン(メキシコ)の一戦は、コミーが8回54秒KO勝ち。初回、左フックからの右ストレートでダウンを奪ったコミーは、再開後、さらにダウンを追加。早い回での決着が予想されたが、ベルトランもここから粘りを発揮。しかし、5回には再びダウン。迎えた第8ラウンド、コミーの左フックで倒れたベルトランは立ち上がったが、試合はここでストップ。IBFルールによる当日朝の計量は、コミーが142.8ポンド。ベルトランは145.8ポンドだった。

 

 

セミファイナルのNABF&NABOスーパウェルター級戦。王者でWBA4位、WBO5位、WBC6位、IBF6位のカルロス・アダメス(ドミニカ)に、IBF8位、WBC10位、WBO15位の挑戦者パトリック・デイ(米)が挑んだ一戦は、アダメスが判定勝ち。スコアは97-93、97-93、99-91。