カネロ 4階級制覇に色気! vsコバレフ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

3階級を制覇。WBC世界ミドル級フランチャイズ王座、WBA世界スーパーミドル級正規王座を保持するサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が4階級制覇に食指。ターゲットは、WBO世界ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)で、正式なアプローチはないが、コバレフ陣営はやる気満々で正式な接触を待っている。1位アンソニー・ヤード(英)との指名戦が、決まりかけて決まらないのも、カネロからのオファーを待っているのか?。最近、安定感をすっかり欠いているコバレフだけに、カネロにチャンス有?。今後に注目。