アンヘル・アコスタvsエルウィン・ソト 「結果」 WBO世界ライトフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

21日(日本時間22日)、米・カリフォルニア州インディオのファンタシー・スプリングス・リゾート&カジノで開催された、WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ。王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)=20勝(20KO)1敗=に、同級14位エルウィン・ソト(メキシコ)=14勝(10KO)1敗=が挑んだ一戦は、ソトが12回23秒KO勝ち。試合は立ち上がりからアコスタが自慢の強打をプレスをかけ、挑戦者を追う。ソトは時折タイミングの良い左右フックを振った。

 

 

迎えた第3ラウンド。挑戦者の左フックから右で王者がダウン。立ち上がったアコスタは再開後、反撃に転じたが、続く4回もソトのラウンド。しかし、5回以降はアコスタの手数と攻勢が上回り、ソトは守勢に立たされる。王者リードで迎えた最終ラウンド開始早々、ソトの左フックでアコスタはグラリ。ソトが一気に襲い掛かったところでトーマス・テイラー(米)主審は試合をストップ。狂喜するソトを尻目に、アコスタは驚きの表情。一瞬の逆転劇だった。