カンシオvsマチャド 「結果」 WBA世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

21日(日本時間22日)、米・カリフォルニア州インディオのファンタシー・スプリングス・リゾート&カジノで開催された、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。正規王者アンドリュー・カンシオ(米)=20勝(15KO)4敗2分=と、前王者で同級5位アルベルト・マチャド(プエルトリコ)=21勝(17KO)1敗=のダイレクトリマッチは、カンシオが3回1分1秒KO勝ち。初戦でKO負けを喫しているマチャドは、慎重な立ち上がりというよりも、弱気が感じられるスタート。

 

 

試合は自信を表面に出し、ジワリ前進するカンシオのペースに。第2ラウンド。王者は偶然のバッティングで左目上眉間近くをカット。しかし、これで圧力を強めた王者は、左右フックで挑戦者に迫り、ラウンド終了間際にはマチャドの足が揺れた。続く3回、カンシオの左ボディ一発でマチャドはあっけなくキャンバスへ膝を折り、ラウル・カイズSr(米)主審のテンカウントを聞いた。