ポーターvsスペンスJr 「契約完了!」 世界ウェルター級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ウェルター級王者ショーン・ポーター(米)と、IBF世界同級王者エロール・スペンスJr(米)の王座統一戦が、契約完了となったことが伝えられている。試合は9月に米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターでの開催が有力で、PPVファイトとなる。予想はスペンスJr有利に傾く中、PPV放映に関しては、両選手の知名度を考慮すると、疑問の声が多数上がっている。ボブ・アラムはマイキー・ガルシア(米)戦で、PPVの味を占めたスペンスJrが希望したPPVファイトは、P・B・Cが大きなリスクを負うことになるのでは、との見方を示している。