ブリエディスvsグロワッキー 「結果」 WBC、WBO世界クルーザー級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

15日(日本時間16日)、ラトビア・リガのアリーナ・リガで開催された、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ。クルーザー級準決勝戦。WBCダイヤモンド王者マイリス・ブリエディス(ラトビア)=25勝(18KO)1敗と、WBO王者クジストフ・グロワッキー(ポーランド)=31勝(19KO)1敗=の一戦は、ブリエディスが3回27秒TKO勝ち。試合は第2ラウンド、揉み合いの最中、グロワッキーの左がブリエディスの後頭部へ。すると、ブリエディスはお返しとばかりに後ろ向きに右ひじをグロワッキーのアゴに打ち込む。グロワッキーは倒れ込み休憩が与えられた。両選手、減点無しで試合は再開された後、ブリエディスの右でグロワッキーがダウン。もう一度ダウンを追加されたグロワッキーは、終了ゴングに救われたが、続く3回、ダメージの残るグロワッキーはブリエディスの右でまたもやダウン。試合はストップとなった。第2ラウンドの2度目のダウンもゴング後の疑惑が残り、後味悪い結果となったが、ブリエディスは決勝戦でジュニエール・ドルティコス(キューバ)と戦う。