フューリーvsシュワルツ 「ファイトマネー」 トップランク興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

15日(日本時間16日)に米・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催される、トップランク興行のファイトマネー(ネバダ州アスレチック委員会発表)。メインのヘビー級12回戦に出場する、元統一世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)=27勝(19KO)無敗1分=は、100万ドル(約1億855万円)。しかし、トップランクとの契約による保証額は、ワンファイト1250万ドル(約13億5690万円)。対戦者のWBO2位、IBF9位トム・シュワルツ(独)=24戦全勝16KO)=は、25万ドル(約2700万円)となっているが、100万ドルは保証されている。

 

 

セミファイナルのライトヘビー級10回戦。WBA2位、WBC7位、jWBO7位、IBF12位スリバン・バレラ(キューバ)は、12万5千ドル(1360万円)。スーパーミドル級WBO4位、WBC7位ジェシー・ハート(米)は、15万ドル(約1630万円)となっている。