9月・LA 「ディレルvsベナビデス」 WBC世界スーパーミドル級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCが指令していたスーパーミドル級指名戦。王者アンソニー・ディレル(米)VSデビッド・ベナビデス(米)は、9月下旬にロサンゼルス開催が伝えられている。VADAによる薬物検査でコカインの陽性反応を示し、王座を剥奪されたベナビデスは、復帰後の王座挑戦権を与えられていた。この試合の勝者には、ディレルとの王座決定戦で惜敗。即時再戦を求めていた1位アブニ・イユリディン(トルコ)が挑戦することになる。