ゴロフキンvsロール 「ファイトマネー」 DAZN・ニューヨーク興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8日(日本時間9日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されるDAZN興行のファイトマネー。メインの164ポンド契約12回戦に出場のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は200万ドル(約2億1630万円)。DAZNと6試合の契約を結んでいるゴロフキンの取り分は、1500万ドル(約16億2230万円)になると推定されている。対戦相手のIBF世界Fミドル級9位スティーブ・ロール(カナダ)は、30万ドル(約3250万円)。

 

 

スーパーウェルター級10回戦。WBA世界同級6位でインターナショナル王者のイスラエル・マドリモフ(ウズベキスタン)=2戦全勝全KO=は、4万8千ドル(約520万円)。ノルベルト・ゴンサレス(メキシコ)=24勝(13KO)12敗=は、1万5千ドル(約160万円)。

 

WBCスーパーミドル級インターナショナル・シルバー王座決定戦。アリ・アフメドフ(カザフスタン)=14戦全勝(10KO)=は、2万5千ドル(約270万円)。マーカス・マクダニエル(米)=15戦全勝(2KO)=は、1万5千ドル(約160万円)。USBAスーパーウェルター級王座決定戦。チャールズ・コンウェル(米)=10戦全勝(7KO)=は、1万5千ドル(約160万円)。コートニー・ぺニントン(米)=12勝(5KO)4敗3分=は、13,500ドル(約146万円)。