ジョシュアvsルイスJr 「結果」 WBA&WBO&IBF世界ヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたDAZN興行のメイン。IBF、WBO世界ヘビー級&WBA同級スーパー王者アンソニー・ジョシュア(英)=22戦全勝(21KO)=へ、WBA5位、WBO11位、IBF15位のアンディ・ルイス Jr.(米)=32勝(21KO)1敗=が挑んだタイトルマッチは、ルイスJrが7回1分27秒TKO勝ち。試合は3回、ジョシュアが先制のダウンを奪ったが、すぐにルイスJrがお返しのダウンを奪う。終了間際に再び王者を倒した挑戦者は、迎えた第7ラウンド、スピードある連打でまたもやジョシュアをダウン。再開に応じた王者だったが、右を効かされこの回2度目のダウン。何とか立ち上がったが、マイケル・グリフィン(カナダ)主審は試合をストップ。大番狂わせとなった。