グラムイリアン 「ゴールド→レギュラー昇格!」 WBA世界クルーザー級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA最新ランキングで、クルーザー級ゴールド王者のアルセン・グラムイリアン(アルメニア)が、レギュラー王者に昇格。レギュラー王者だったベイブト・シュメノフ(カザフスタン)は休養王者となっている。WBAから対戦を指令された両選手は、入札によりシュメノフ擁するドン・キングが、82万1000ドル(約8千890万円)で興行権を落札。試合は5月中旬に行われるとされていたが、キングはタイトル戦を開催することが出来なかった。昨年3月にリヤド・メルウィー(ベルギー)との暫定王座決定戦に勝ったグラムイリアンは、1度防衛した後、暫定王者からゴールド王者に昇格?していた。