カニサレスvs木村 翔 「結果」 WBA世界ライトフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

26日、中国・江西省撫州市でWBA世界ライトフライ級正規王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に、前WBO世界フライ級チャンピオンで同級2位にランクされる木村 翔 (青木)選手が挑んだ一戦は、カニサレスが判定勝ち。スコアは119-109、119-109、118-110。終始、王者を追った挑戦者だったが、左リードが少なく、空振りが目立った。残念!。