オースティン・トラウトvsテレル・ガウシャ 「結果」 スーパーウェルター級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

25日(日本時間26日)、米・ミシシッピー州ビロクシのボー・リバージュ・リゾート&カジノで開催されたPBC興行のメイン。元WBA世界スーパーウェルター級王者でWBC6位にランクされるオースティン・トラウト(米)=31勝(17KO)5敗=が、WBA13位テレル・ガウシャ(米)=21勝(10KO)1敗とグローブを交えた一戦は、99-91ガウシャ、96-94トラウト、95-95で引き分け。しかし、ガウシャに同情の声が多く上がっている。