ホセ・ペドラサvsアントニオ・ロサダJr 「結果」 WBOライト級ラテン王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

25日(日本時間26日)、米・フロリダ州キシミーのオセオラ・ヘリテイジ・パークで開催されたトップランク興行のセミファイナル。前WBO世界ライト級王者で5位のホセ・ペドラサ(プエルトリコ)と、WBC世界同級13位アントニオ・ロサダJr(メキシコ)による、WBOライト級ラテン王座決定戦は、第9ラウンド、左フックでダウンを奪ったペドラサが、再開後、一気のラッシュで2分34秒ストップ勝ち。激闘を制し、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れて以来の再起戦を飾った。