7/13 デラホーヤvsリオス 「WBAスーパーバンタム級ゴールド王座決定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界スーパーバンタム級3位ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)=21勝(10KO)無敗1NC=擁する、ゴールデン・ボーイ・プロモーションは、傘下の元世界挑戦者ロニー・リオス(米)=30勝(14KO)3敗=とデラホーヤによる、WBA世界同級ゴールド王座決定戦を画策。試合は7月13日(日本時間14日)に米・カリフォルニア州カーソンのディニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催される、バルガスvs亀田和毅興行に組み込まれる。WBAの対応に注目。