6/1 アッサン・エンダムvsカラム・スミス 「正式発表!」 WBA世界スーパーミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

日本のリングで村田諒太(帝拳)選手と2度戦った、元WBO&WBA世界ミドル級王者アッサン・エンダム(仏・ハッサン・ヌダム・ヌジカム)が、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)へ挑戦することを、プロモーターのエディ・ハーンが正式発表。試合は6月1日(日本時間2日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催される、アンソニー・ジョシュア(英)vsアンディ・ルイスJr(米)のヘビー級タイトル戦興行で行われる。

 

 

25戦全勝(18KO)のスミスに挑むエンダムは、2017年10月に村田選手にWBA世界ミドル級王座を奪われた後の昨年12月、英国遠征。WBC世界ミドル級2位でシルバー王者のマーティン・マレー(英)と対戦し、大方の予想を覆し12回判定勝ち。階級を上げて今回のチャンスに繋がった。2階級制覇へ挑戦するエンダムは、37勝(21KO.)3敗。予想は厳しいが、好試合を期待。