5/28・入札! 正規王者カスターニョvsゴールド王者ソロ 「WBA世界スーパーウェルター級」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAが対戦を指令していたスーパーウェルター級正規王者ブライアン・カルロス・カスターニョ(亜)と、同級ゴールド王者ミシェル・ソロ(仏)の王座統一戦は、5月28日(日本時間29日)に入札を予定。3月に元王者エリスランディ・ララ(キューバ)と引き分けたカスターニョは、今夏にララとの再戦を目指し、ソロとの指名試合は例外の適用を求めていた。両選手は2017年7月にフランスで対戦。当時暫定王者だったカスターニョにソロが挑戦した試合は、116-112、115-113、113-115のスプリット判定でカスターニョが勝利しており、カスターニョはソロとの再戦には興味を示していない。指名戦を蹴り、米国で他のビッグネームと戦う可能性もある。今後に注目。