ジョニー・ゴンサレス再起戦 「結果」 vsエルナンデス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

18日(日本時間19日)、メキシコ・サルティーヨで行われた、元2階級制覇王者でWBC世界スーパーフェザー級9位にランクされるジョニー・ゴンサレス(メキシコ)=66勝(54KO)11敗=の再起戦。世界戦経験を持つラファエル・エルナンデス(ベネズエラ)=30勝(24KO)11敗3分1NC=との一戦は、ゴンサレスが5回2分36秒KO.勝ち。空位のWBCスーパーフェザー級中米王座を獲得した。