ワイルダーvsブレアジール 「結果」 WBC世界ヘビー級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催されたPBC興行のメイン。WBC世界ヘビー級王者ディオンテイ・ワイルダー(米)に、指名挑戦者の同級4位ドミニク・ブレアジール(米)=20勝(18KO)1敗=が挑んだ一戦は、初回、ワイルダーの後列な右ストレートが炸裂。ブレジアールは仰向けに倒れた後、何とか立ち上がったが時すでに遅く、ハーヴェイ・ドック(米)主審のテンカウントを聞いた。KOタイム初回2分6秒。