井上尚弥vsロドリゲス 「結果」 IBF世界バンタム級戦・WBSS準決勝 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

18日(日本時間19日)、英・スコットランド、グラスゴーのザ・SSEハイドロで開催されたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ準決勝戦。WBA世界バンタム級正規チャンピオン井上尚弥(大橋)選手が、IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦した一戦は、井上選手が2回1分19秒TKO勝ち。初回、前に出て来たロドリゲスの動きを見切ったように、第2ラウンドが始まると井上選手はパワー全開。左フックでダウンを奪うと、左ボディでダウンを追加。何とか立って来たロドリゲスだが、再び左ボディでキャンバスへ落ち万事休す。井上選手、強かった。