カラム・スミス 「カネロ戦OK!」 WBA世界スーパーミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が9月に予定する次戦で、英・ロンドンのウェンブリー・スタジアムでの対戦を希望されたWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)は、カネロが本気なら対戦する準備を整える意向を明らかにした。WBC&IBF世界ミドル級とWBAスーパー王座、WBA世界スーパーミドル級正規王座を保持ずるカネロは、次戦でWBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)か、スミスとの対戦を希望。二つの異なる階級で、王座統一戦を睨んでいる。今後に注目。