プログレイスvsレリ 「結果」 WBA&WBC世界スーパーライト級戦・WBSS準決勝戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

27日(日本時間28日)、米・ルイジアナ州ラファイエットのケイジャン・ドームで開催された、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズの準決勝戦。WBCダイヤモンド王者レジス・プログレイス(米)=23戦全勝(19KO)=と、WBA正規王者キリル・レリ(ベラルーシ)=23勝(19KO)2敗=の一戦は、初回に強烈なボディブローでダウンを奪ったプログレイスがレリを圧倒。6回1分36秒タオル投入によるTKO勝ちでWBA王座を強奪。勝ったはプログレイスは決勝戦で、バランチェクvsテイラーのIBF世界戦勝者と対戦する。