シーサケットvsエストラーダⅡ 「スコアカード」 WBC世界スーパーフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

26日(日本時間27日)、米・カリフォルニア州イングルウッドのフォーラムで行われたWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ。王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)vs同級1位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)のスコアカード。もう少し差があったとの意見が多いが、結果的にシーサケットが本来のサウスポースタイルに戻した9回以降、ポイントを挽回しているだけに、作戦的な疑問は残ります。アレハンドロ・ローチン(米)116-112、クレイグ・メトカルフ(カナダ)115-113、ジェラルド・リッター(米)115-113でいずれもエストラーダ。