リナレスKOのカノ 「負傷欠場!」 カネロvsジェイコブス興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

今年1月、ホルヘ・リナレス(帝拳)選手をショッキングなファーストラウンドKOで破り急浮上した、WBC世界スーパーライト級2位パブロ・セサール・カノ(メキシコ)が、スパーリング中に右拳を負傷。5月4日(日本時間5日)に米・ラスベガスで開催されるカネロvsジェイコブス興行のアンダーカードで、マイケル・ペレス(米)と決まっていた試合をキャンセル。カノは「大きな舞台で私の力を証明したかったのに残念」と悔しがっている。