【Photo】 バルボサJr vs アルバラード NABFスーパーライト級ジュニアタイトル戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

NABFスーパーライト級ジュニアタイトル戦。王者・WBO4位アーノルド・バルボサJr(米)vs元WBO世界同級王者マイク・アルバラード(米)。4月12日(日本時間13日)。米・ロサンゼルス、ステープルズ・センター。アルバラードは積極的に前に出て攻めたが、バルボアJrは左ジャブを中心に距離をキープ。

 

 

第3ラウンド。バルボサJrの強烈な右ストレートがアルバラードにヒット。続く連打からの左フックで元王者はダウン。

 

 

何とか立ち上がったアルバラードだが、足元がおぼつかずトーマス・タイラー(米)主審は試合をストップ。

 

 

KOタイム3回49秒。

 

 

勢いの差で元王者を破った27歳のバルボサJrは、21戦全勝(8KO)。38歳のアルバラードは、40勝(28KO)5敗。昨年から10回戦に上がり、着実にキャリアアップ。今後のマッチメイクに注目。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります