4/15 コバレフvsヤード 「入札!」 WBO世界ライトヘビー級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBOが指令していたライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)と、1位アンソニー・ヤード(英)の指名戦入札は王者側の要請により1週間延期。4月15日(日本時間16日)にプエルトリコ・サンファンのWBO本部で開催される。最低入札価格は30万ドルで、ファイトマネーの分配はコバレフの出身地、居住地、国籍を有する国で開催される場合は、コバレフ75%、ヤード25%となるが、その他の国で開催される場合は、コバレフ80%、ヤード20%となる。今後、1週間に注目。