網膜剥離 元3階級制覇王者アブネル・マレス 練習再開! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

試合2週間前に右目の網膜剥離が判明。2月に予定されていたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジェルボンテ・デービス(米)への挑戦をキャンセルした、元3階級制覇王者アブネル・マレス(メキシコ)が、医師の了解を受けトレーニングを再開。手術から約2ヶ月。「私は待つことが出来ない」と、早期のリング復帰を希望している。しかし、2008年には左目の網膜剥離で手術を受けており、視力は著しく低下。ニューヨーク州コミッションの検査をパスできなかったこともあった。今後の動向に注目。