ルイス・ネリvsマックジョー・アローヨ 「結果」 バンタム級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日(日本時間17日)、米・テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで開催されたPBC興行。バンタム級10回戦に出場した前WBC世界バンタム級王者で、現在1位にランクされるルイス・ネリ(メキシコ・118

P)は、元IBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨ(プエルトリコ・117P)と対戦。2回に先制のダウンを奪ったネリは、3回にもアローヨを倒し、続く4回にも2度のダウンを追加。アローヨのコーナーは第5ラウンド開始を前に試合を諦め棄権。圧倒的強さで米国デビューを果たしたネリは、6月にも次戦を予定。WBC正規王者ノルディ・ウーバーリ(仏)との対戦を希望している。

 

 

ヘビー級10回戦。元世界挑戦者のクリス・アレオーラ(米)と、ジャン・ピエール・オースティン(米)の一戦は、38歳のアレオーラが3回2分3秒TKO勝ちで、38勝(33KO)5敗1分2NC。敗れたオースティンはこれが初黒星で、17勝(12KO)1敗1分。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります