田中恒成vs田口良一 「結果」 WBO世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン田中恒成(畑中)選手に、同級4位田口良一(ワタナベ)選手が挑んだ一戦は、田中選手が判定勝ち。スコアは117-111、117-111、119-109。序盤戦、田口選手の積極的なプレスに戸惑った印象があった田中選手だが、4回以降は持ち前のスピードを活かし、多彩な左から速いコンビネーションを打ち込み試合をリード。特に左ボディは有効で、田口選手に反撃の隙を与えなかった。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります