フーカーvsレスピエール 「結果」 WBO世界スーパーライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)、米・ニューヨーク州ヴェローナのターニング・ストーン・リゾート&カジノで行われた、WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ。王者モーリス・フーカー(米)に同級10位ミッケル・レスピエール(トリニダード・トバゴ)が挑んだ一戦は、フーカーが12回判定勝ち。スコアは119-108、120-107、118-109。フーカーは、積極的に出るサウスポーのレスピエールに対し右を好打。ボディ攻撃も有効で9回には左ボディでダウンを奪い、勝負を決定付けた。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります