カスターニョvsララ 「スコアカード」 WBA世界スーパーウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

2日(日本時間3日)、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催されたWBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。正規王者ブライアン・カルロス・カスターニョ(亜)=15戦全勝(11KO)=に、前スーパー王者で2位のエリスランディ・ララ(キューバ)=25勝(14KO)3敗2分=が挑んだ一戦は、下がる挑戦者に王者がプレッシャーをかけ追う展開。ポイントの振り分けが難しいラウンドがいくつかあったジャッジ泣かせの試合は、三者三様の引き分け。ララの戦いぶりは挑戦者として物足りなかった印象。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります