カスターニョvsララ 「結果」 WBA世界スーパーウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

2日(日本時間3日)、米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催されたWBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。正規王者ブライアン・カルロス・カスターニョ(亜)=15戦全勝(11KO)=に、前スーパー王者で2位のエリスランディ・ララ(キューバ)=25勝(14KO)3敗2分=が挑んだ一戦は、12回引き分け。スコアは115-113カスターニョ、115-113ララ、114-114。試合開始からガードを高く上げ攻勢を仕掛ける王者を、下がりながら迎え撃つ挑戦者という展開は最後まで変わらず、どちらも勝ち切ったという印象のない中で試合終了。カスターニョが辛くも3度目の防衛に成功した。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります