3/9 井上尚弥に70秒KO負・パヤノ再起戦 vs14戦無敗・バスケス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

昨年10月、横浜アリーナでWBA世界バンタム級正規チャンピオン井上尚弥(大橋)選手の持つ王座に挑戦し、初回1分10秒KO負けを喫した元王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)が再起。3月9日(日本時間10日)に米・カリフォルニア州カーソンのディニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催される、ポーターvsウガスのWBC世界ウェルター級戦アンダーカードで、14戦無敗(7KO)のWBA世界スーパーフライ級14位ダミエン・バスケス(メキシコ)と対戦する事が、正式発表された。井上戦のショックは残っているのか、34歳パヤノの戦いぶりに注目。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります