4/20 内山に負・バスケスvs元世界1位ベルデホ 「トップランク興行」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

2012年大晦日に日本のリングで行われた、内山高志(ワタナベ)選手とのWBA世界スーパーフェザー級王座統一戦で8回TKO負けの記録が残る、元暫定王者ブライアン・バスケス(コスタリカ)が、プエルトリコ期待の次世代のスター候補、フェリックス・ベルデホと対戦。試合は4月20日(日本時間21日)に米・ニューヨークで開催される、クロフォードvsカーン興行に組み込まれる。昨年、思わぬつまずきを見せ初黒星を喫したベルデホは、ここでもたつくわけにはいかず、内容を問われる一戦となる。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります