元世界王者・花形 進 氏 「日本プロボクシング協会会長へ!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

現役時代、5度目の世界挑戦でWBA世界フライ級王座を獲得。初防衛戦では、逆ホームタウンデシジョンで、まさかの王座転落。永遠のチャンピオン大場政夫(帝拳)選手とは、星を分けている花形ジム会長の花形 進 氏(72歳)が、東日本ボクシング協会会長に就任することが明らかになった事を、日刊スポーツが報じている。元WBAフライ級王者花形進氏が東日本協会会長に(日刊スポーツ) 

 

花形会長は28日の総会で承認を受け、13代目の日本プロボクシング協会会長も兼任する。任期は4月1日から3年間となる。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります