デービスvsルイス 「結果」 WBA世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)に米・カリフォルニア州カーソンのディニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催された、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。スーパー王者ジェルボンテ・デービス(米)に、同級9位ウーゴ・ルイス(メキシコ)が挑んだ一戦は、デービスが初回2分59秒TKO勝ち。試合開始からプレスを強めたデービスは、終了間際、ワン・ツーから右フックをヒット。キャンバスへ膝を落としたルイスは立ち上がったものの戦意を示すことが出来ず、試合はあっけなく終了となった。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります