ロマチェンコ次戦はクローラ 「WBA世界ライト級スーパー戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

4月12日(日本時間13日)に米・ロサンゼルスで予定される、WBA世界ライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の次戦は、IBF世同級王者リチャード・コミー(ガーナ)との王座統一戦がWBAにより特別承認されていたが、コミーが王座戴冠戦で負傷した右拳のケガが全治6週間と診断され、試合をキャンセル。これにより、ロマチェンコは指名挑戦権を与えられている、1位アンソニー・クローラ(英)との指名戦を遂行しなければならなくなった。入札が13日(日本j時間14日)に予定されている。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります