2/5・入札! 「ワーリントンvsギャラガー 」 IBF世界フェザー級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFが指令しているフェザー級王者ジョシュ・ワーリントン(英)と、同級1位キッド・ギャラード(カタール)の指名戦は、ギャラードをサポートするエディ・ハーンが交渉する意思のないことを表明し、24日(日本時間25日)に米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で開催される予定だった入札は、2月5日(日本時間6日)まで延期された。ワーリントン擁するフランク・ウォーレンは、IBFの入札によるファイトマネーの分配が王者75%、挑戦者25%から、王者65%、挑戦者35%にルール変更になったことに対し、異議を申し立てる事を示唆している。交渉しないと言いながらも展開されているであろう、両陣営のつばぜり合いに注目。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります