WBO指令! 「アンドラーデvsソーンダース」 世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBOはミドル級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)と、前王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の対戦を正式に指令。交渉期限は2月21日(日本時間22日)で、対戦合意に達しなかった場合は入札となる。入札の最低落札価格は20万ドルだが、ソーンダースが薬物検査で失敗し、キャンセルせざるを得なかったアンドラーデとの防衛戦で約束されていた報酬は230万ドル。立場を変えての仕切り直しとなった一戦が、どんな条件でまとまるのか、大いに注目。