アンカハスvs船井龍一 「IBF世界スーパーフライ級指名戦」  | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFが義務付けているスーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(比)と、同級1位船井龍一(ワタナベ)選手の指名戦は、トップランクが4月6日(日本時間7日)に米国で予定するESPN放映興行での開催が有力だが、20日(日本時間21日)のクロフォードvsカーン興行で行われる可能性もある。アンカハスは昨年10月にタイで行われた、WBC世界同級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)の防衛戦をリングサイドで観戦。その後、両者の対戦が交渉されていたが、シーサケットがDAZNとマルチ契約を締結することになり、王座統一戦は消滅していた。

 

    

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります